ハチへの対応が要注意|様々な被害を受ける前に鳩は駆除してしまったほうがいい

様々な被害を受ける前に鳩は駆除してしまったほうがいい

ハチへの対応が要注意

スズメバチ

攻撃性の高いハチがいます

近年の日本は都市開発に伴って、自然環境の減少が進んでいます。その結果、昆虫と日常生活で接触する機会が減った影響で、敬遠する風潮が強まっています。しかし、ハチが農産物の受粉を媒介するように、益虫として人間社会に不可欠な有益性を持つ種類は少なくありません。一方で、人間に対して有害な昆虫もいますから、駆除等の対応が必要です。キイロスズメバチは、名前の通りに外観が全体的に黄色いハチです。一般的に日本国内でスズメバチと言われる大半は、キイロスズメバチが占めています。非常に攻撃性の高いハチで、活動期に当たる夏期は一層攻撃的です。つまり、危険性が高いので、身近な生活圏でキイロスズメバチを確認した際には迅速な駆除が大切です。

自力の対処は危険です

ハチには刺すイメージが強くありますが、必ずしも積極的に攻撃行動を行っている訳ではありません。攻撃後のハチの多くは針が失われて、生命活動が著しく低下します。つまり、攻撃は、死活問題だからです。しかし、キイロスズメバチは近付いただけで威嚇してくるほど、非常に高い攻撃性を持っています。したがって、人間の意図に関係なくハチから攻撃される恐れがあるので、安全確保のためには速やかな駆除が必要です。ただし、不用意に近付けば駆除中に刺される場合があるため、十分な知識と経験がなければ危険です。現在では、日本全国で専門的な駆除業者が活動しています。確実に対処してくれますから、キイロスズメバチを見つけた際には依頼する方が効果的です。